ウォーキング&フットカウンセリング 

定期的にウォーキングをしたり、毎日よく歩いているつもりであったりしても、「やせない」「下半身が太い」のは、その歩き方に問題があるのかもしれません。あなたの足音はドタドタ、ベタベタ、ズルズルではありませんか?

パンプスのヒールで軽快なリズムを刻み、さっそうと歩けば気分が良いですね。

 構造の良い靴を履いて正しく歩けば、体のゆがみは改善します。

さらに、きれいに筋肉がついてメリハリのある美脚に近づき、代謝もアップします!

 

1. 足裏圧測定(フットルック)で体のバランスを分析します。walkbig200.jpg

2. 足の触診で、偏平足やタコ、外反母趾、巻き爪などのトラブルを見つけます。また、正しいサイズを計測、確認します。

3. 足裏圧測定(フットルック)の結果を見ながら体のバランス、足のトラブルなどの改善策をアドバイスします。

また、靴を自分の足に合わせるためのオーダーメイドインソールのご案内もいたします。

4. 「美脚づくりの基本」、良い靴の選び方、履き方アドバイス

5.ウォーキングや姿勢の矯正、骨盤エクササイズを指導。

 

O脚・X脚矯正、美容骨盤矯正120分の各コースには

ペルピエ美脚メソッド≫として、上記5つの内容が含まれています。

 

フットルック で、足裏圧の測定を行い、体のバランスを分析し、改善策を提案します。

footlook1.jpgfootanalysis.jpgfootadvise.jpg

 

 足はカメラの三脚のように3点でバランスを取って体を支えています。

あなたの足には3つのアーチがありますか?

3arches.jpg3つのアーチとは??・・・

1. 土踏まず【拇指球(親指の付け根)からかかと】(内側アーチ)

2. 小指球(小指の付け根)からかかと(外側アーチ)

3. 拇指球から小指球(横のアーチ)

 

 

偏平足(アーチが下がってしまったべた足)や、ハイアーチ(アーチが高すぎる)になっていませんか?

 

hi-arch1.jpg

flHiarch.jpg 

ハイアーチ・・・縦のアーチが高くなりすぎて、狭い面積に体重が集中し、不安定になります。サスペンションの堅い車のような状態です。足が地面に着いたとき安定せず、体にゆがみを起こします。

 

 

henpeisoku1.jpg

FLhempei.jpg

 

偏平足・・・足裏の筋肉が弱って縦のアーチが低くなり、全体的に平らになっている状態です。土踏まずのばねが効かず、体を支える土台がしっかりしません。この場合も左右がアンバランスになって体がゆがんで不調を招きます。

 

 

▲このページのトップに戻る